寒暖の差がある今の時期だからこそ、いろいろなワインをお楽しみください。

2019.05.17

こんにちは、新宿西口のイタリアン&ワインバル「ビアージョ」です。

 

5月も折り返しを過ぎ、日中は汗ばむような陽気の日が増えてきました。一方で日が落ちると肌寒さを感じるような夜になる日もあるなど、寒暖の差が大きいように感じます。

こうした時期にワインを飲む際、どんなことに気を付ければいいのかをご紹介いたします。ポイントとなるのは、ワインの温度です。

ワインを楽しむ際に適した温度は、赤ワインで15℃前後、重めの白ワインは10〜13℃、軽めの白ワインは6〜9℃、スパークリングワインやデザートワインは2〜5℃ほどが目安と言われています。ただ、厳密にこの温度にこだわるということではありません。ワインは気温や湿度が高いほど、香りが立ちやすくなります。ワインを香りから楽しみたいのであれば、少し高めの温度も歓迎といったところです。

気温が高くなってきたのであれば、冷やしておいしい白ワインやスパークリングワインがおすすめと言えます。ほてった体に冷えたお酒を飲むのは、本当に気持ちがいいものです。一方で、少し肌寒いときなどは、常温の赤ワインを飲む、というのもいいでしょう。

 

ワインについては、合わせる食べ物などの他に、おいしく感じられるためのさまざまな要素があります。ビアージョではそれら一つひとつを大切にして、みなさまにワインのおいしさ、楽しさを知っていただければと考えています。ぜひ、この週末もビアージョでワインをお楽しみくださいませ。

  

イタリアン&ワインバルビアージョ新宿

住所:東京都新宿区西新宿1-14-17 西新宿Ayaビル

電話: 050-7582-9246

営業時間:            

ランチ
水・木・金のみ:11:30〜14:30(L.O. 14:00)
ディナー
月〜土:17:00〜23:30(L.O. 22:30)
日:17:00〜23:00(L.O. 22:00)

※お昼など、営業時間外のパーティーもお気軽にご相談下さい。

Twitter:https://twitter.com/viagioshinjuku

Instagram:https://www.instagram.com/viagio_shinjuku/?hl=ja

 

PageTop